top of page

遠隔一斉放送装置刷新

更新日:2023年6月14日

 弊社は、遠隔一斉放送装置の刷新を図る為、新製品の開発に着手し、仕様化に至りましたので、ご案内致します。従来の製品は、定型文の放送についてはアナウンサーの音声を事前に収録し、またリアルタイムの放送についてはユーザー様が直に肉声で遠隔一斉放送を行っておりました。この度の新製品では、音声合成機能を搭載し、人工の音声による遠隔一斉放送を行う事も可能になります。これにより、定型文の放送のために必要であったアナウンサーの音声の収録や、収録した音声を機器へ取り込む作業を省くことができ、定型文を自由に作成することができるとともに、制作時間とコストの削減を実現します。また、従来の製品は、人の声での放送であったため、声質に個人差があり、聞き取りやすさに問題があることがありました。今回、音声合成を使うことで、音声の品質を安定させる事ができ、放送内容に応じて女声と男声を選択する事も可能となりました。今後については、ご要望が多い多言語化に対し音声合成を使うことで、多言語定型文のバリエーションを増やすといったことも検討していきます。弊社は、今後とも、お客様のお役に立つ製品開発を行っていきたいと考えておりますので、何卒宜しくお願い致します。



お問い合わせ先:

営業統括部 第1営業部


関連記事:

最新記事

すべて表示

地域情報誌『タウンニュース』に掲載されました

この度、地域情報誌『タウンニュース金沢区・磯子区版』(2024年2月15日版)に弊社が携わりました実証実験の記事が掲載されました。弊社がグループ会社ミライエと共同で開発した情報受信端末「キューブ」を用いて地域の情報弱者の方々(高齢者)への情報提供を行う取組みです。この度は、エンドユーザーであるご高齢者様からの実際の貴重なフィードバックを得ることができました。これをより良いシステム開発につなげて参り

bottom of page