top of page

情報受信端末「キューブ」ご紹介

更新日:2023年6月2日

 今回は、グループ会社の株式会社ミライエが開発中の情報受信端末「キューブ」についてご紹介します。開発完了は、来年2022年春を予定しております。「キューブ」は、デジタルデバイド(※)の回避のため、特に高齢者の方々にお使いいただくことを考えて製作いたします。まずは、自治体からの防災情報を高齢者が簡単に入手できるようにします。パソコンから入力したテキスト情報を音声合成で再生したり、実際に音声で入力したものを録音し、音声再生したりします。音声は、「キューブ」にプッシュ通知されて聞くことができるとともに、録音されます。操作は、ボタン一つですので、高齢者の方々に簡単にお使いいただけます。また、通信手段としてインターネットを使いますが、あえてLAN接続することで、インターネットの回線をキューブのLANポートに接続するだけで設定が完了します。

 弊社では、高齢化、温暖化が迫る中、情報弱者向け情報配信、特に防災情報でSDGsの17ゴールのうちで「11.住み続けられるまちづくり」と「13.気候変動に具体的に対を」をゴールに事業活動を進めていきます。弊社は、これからも最適な手段で、必要な情報を必要な皆様へお届けする、「インフォメーション・サービス・プロバイダー」 を目指して参ります。



※デジタルデバイドとは、情報通信技術ICTを利用できる人と利用できない人との間にもたらされる格差のことを言います。





⇒キューブの説明動画は下記をご覧ください。










お問い合わせ先:自治体事業部 営業部

        東京本社     電話:03-5715-3531

        技術センター   電話:045-783-2211

        厚木営業所    電話:046-229-4455

最新記事

すべて表示

地域情報誌『タウンニュース』に掲載されました

この度、地域情報誌『タウンニュース金沢区・磯子区版』(2024年2月15日版)に弊社が携わりました実証実験の記事が掲載されました。弊社がグループ会社ミライエと共同で開発した情報受信端末「キューブ」を用いて地域の情報弱者の方々(高齢者)への情報提供を行う取組みです。この度は、エンドユーザーであるご高齢者様からの実際の貴重なフィードバックを得ることができました。これをより良いシステム開発につなげて参り

bottom of page