top of page

「LINE」を活用した社会実験

 弊社は、グループ会社 株式会社ミライエとともに、静岡県浜松市様にて対話アプリ「LINE」を活用した社会実験を、2020年2月10日から実施いたしましたのでご紹介します。その内容は、株式会社ミライエがシステム化した人工知能(AI)によるチャットボット(自動応答システム)「LINE BOT」を使うことで、「LINE」アプリ上でのごみ回収の申し込みを可能にするものです。浜松市様では、 今まで連絡ごみの回収業務について、インターネットや電話で回収を申し込み、コンビニエンスストアや区役所等で処理手数料を支払うといった流れをとってきました。今回の社会実験では、連絡ごみの回収申し込み~処理手数料の支払いまでをスマートフォンなどの画面上で一括して行うことが可能となりました。また、処理手数料の支払いは、スマートフォン決済サービス「LINE Pay」 で行うことが可能となります。今回の社会実験では、各種機能があり、多くのユーザーがいる「LINE」をベースに開発をしました。弊社としては、その時々で一番お客様のお役に立つアプリを選別して使いたいと考えております。弊社は今後も、情報を一方的に発信するのではなく、お客様の求める情報、お客様の課題を解決する、お客様に寄り添ったソリューションを提案していく所存です。今後とも引き続きよろしくお願いいたします。


お問い合わせ先:営業統括部 第2営業部

最新記事

すべて表示

地域情報誌『タウンニュース』に掲載されました

この度、地域情報誌『タウンニュース金沢区・磯子区版』(2024年2月15日版)に弊社が携わりました実証実験の記事が掲載されました。弊社がグループ会社ミライエと共同で開発した情報受信端末「キューブ」を用いて地域の情報弱者の方々(高齢者)への情報提供を行う取組みです。この度は、エンドユーザーであるご高齢者様からの実際の貴重なフィードバックを得ることができました。これをより良いシステム開発につなげて参り

bottom of page